1. TOP
  2. 睡眠知識
  3. 布団のメンテナンスと収納方法

布団のメンテナンスと収納方法

睡眠知識
  232 Views
布団リフォーム

布団のメンテナンスと収納方法

 

春らしい陽気になってきているこの頃ですが、

そろそろ厚手の布団をしまって

春用の薄手の布団などに切り替える時期ですね。

 

そこで今回はお布団のメンテナンスと

収納方法についてご紹介しています。

 

 

布団のメンテナンスは洗うのが一番

 

みなさんは掛け布団のメンテナンスは

どの様に行っていますか?

 

もちろん洗える掛け布団を使っているのであれば

定期的に洗って頂いているかと思います。

 

でも羽毛布団などをお使いの人もいるので、

ここではそういった方へ

情報をお届けしたいと思います。

 

 

布団の汚れやにおいの原因は

 

羽毛布団は基本的に洗えないので

布団を干して日光に当てて

乾燥させて取り込むということを行っていると思います。

 

しかしそれだけでメンテナンスは

十分なのでしょうか?

 

羽毛布団は冬の間、

毎日のように使っていたと思います。

 

人は毎日コップ2~3杯分の汗をかきます。

 

その汗を羽毛布団は吸い込んでいるので、

汚れやにおいの原因になります。

 

 

最低でも年に1度は布団をクリーニングしましょう

 

汗や人間の皮脂は

ダニの大好物なので羽毛布団には、

かなりのダニがいます。

 

そのダニは布団を干して、

日光の紫外線だけではなかなか死滅することが出来ません。

 

羽毛布団を使っている方は

布団を収納する前に

最低でも年に1度は

布団丸洗いのクリーニングに出すことを

おすすめします。

 

 

10年使ったふとんはリフォームがおすすめ

 

冬に溜まった汚れやダニなどを綺麗にしてから

お布団を収納すると暖かさもキープされやすく

羽毛の寿命も長くなります。

 

10年近く使っている布団は側生地も汚れて、

においも取れなくなっていると思います。

 

そのような布団はクリーニングだけでは

メンテナンスとしては物足りないですね。

 

そこでご紹介したいのが

打ち直しや布団リフォームです。

 

 

ふとんをリフォームすれば寿命が延びる

 

高価な布団や思い入れのある布団、

押入れに眠っている布団は

なかなか捨てられませんよね。

 

布団リフォームサービスは

側生地を新しいものにしてくれるだけでなく、

布団の中のダウンを綺麗に洗浄して

ホコリの原因になる細かいダウンを

取り除いてくれます。

 

まるで新品のような布団に生まれ変わるので

リフォームしてから3年はお使い頂けます。

 

新生活や季節の変わり目のタイミングに

布団のメンテナンスについても

新しく考えてみてはいかがでしょうか。

 

\ SNSでシェアしよう! /

布団ラボ|寝具やインテリアに関する情報メディアの注目記事を受け取ろう

布団リフォーム

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

布団ラボ|寝具やインテリアに関する情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

布団ラボ

布団ラボ

睡眠不足や睡眠障害などを抱えて眠れない夜を何度も過ごしてきました。
それ以降、睡眠を深く広く学び、「睡眠改善インストラクター」「睡眠健康指導士」の資格を取得しながら自身の睡眠の質の改善に努めてきた結果、大幅に睡眠の質を改善。
その経験を生かし「快眠コーディネーター」としてより上質な眠りを一人一人に提案、お手伝いをしています。
睡眠について、私は誰よりもあなたと向き合います。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 真夏の睡眠

  • 梅雨時期の睡眠

  • 寝つきが悪いひとの12の対策方法

  • 五月病と睡眠

関連記事

  • 睡眠と節分

  • 寝つきが悪いひとの12の対策方法

  • 真夏の睡眠

  • 春の睡眠

  • 初夢と睡眠

  • 梅雨時期の睡眠