1. TOP
  2. 寝具のプロがおすすめするランキング
  3. 布団のプロがおすすめする綿布団の選び方と人気の綿布団ランキング

布団のプロがおすすめする綿布団の選び方と人気の綿布団ランキング

 2018/08/13 寝具のプロがおすすめするランキング
  361 Views
綿布団 おすすめ ランキング 人気

布団のプロがおすすめする綿布団の選び方と人気の綿布団ランキング

 

綿布団は、日本で昔から

使われてきた布団です。

歴史的には、江戸時代から

使われていたといわれています。

 

最近では、布団の素材に

ポリエステルや羊毛などが

多く使われるようになってきました。

 

綿布団は減ってきていますが、

綿布団の良さをもう一度見直してみたいと思います。

 

 

綿布団とは?

 

綿布団は、湿気の多い日本にとても適した布団です。

 

綿布団は、天然の素材である「綿(めん)」を使っているので

吸湿性がとても優れているのです。

 

水分をしっかり吸ってくれるので

布団の表面がサラサラな状態で快適に眠ることができます。

 

化学繊維だとほとんど水分を吸ってくれません。

 

綿布団は打ち直しをすることで

長期間使うことができます。

 

綿は、使っていくうちに嵩(かさ)が無くなって

硬くなっていきます。

いわゆる「せんべい布団」になるのです。

 

打ち直しをすることで硬くなった綿を

機械にかけてほぐすので嵩を取り戻すことができるのです。

 

綿布団の選び方

 

綿布団は、どのようなことをポイントに

選べばいいのでしょうか。

 

 

綿布団のサイズの選び方

 

まずは、綿布団のサイズを選びましょう。

 

シングルの敷布団は、

105cm×200cm

掛け布団は

150cm×200cmです。

 

ダブルの敷布団は

140cm×210cm

掛け布団は

190cm×210cmです。

 

用途にあったものを選びます。

 

布団のサイズ表記は、

中身の綿を入れる前の側地の布のサイズですので、

実際に綿をいれるとふっくらと嵩が増えることを

念頭に10cm前後は短くなると考えておきましょう。

 

綿は、天然の素材のため

その時の温度や湿度に影響されるので

多少誤差があることは、覚えておきましょう。

 

 

綿布団の重量を確認しよう

綿布団 おすすめ ランキング 選び方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

綿布団というと重たいというイメージを

お持ちの方もいるかもしれません。

 

綿布団のシングルサイズの敷布団は、

6kg7kgあります。

 

毎日の布団の上げ下ろし、

布団を干す時のことを考えると

重たいと感じる人はいると思います。

特に、女性や高齢の方にはキツイかもしれません。

 

綿布団に湿気がたまると

さらに重くなってしまいます。

 

綿布団でも5kg前後の軽量タイプがありますが、

あまり綿が少ないと薄い布団になり、

厚みがすぐに減りへたってしまいます。

 

軽量タイプを使うのならば、

早めに打ち直しに出した方がいいでしょう。

 

綿布団のメリットとデメリット

 

綿布団のメリットは、

なんといっても吸湿性に優れていることです。

 

その上、保温性にも富んでいるのです。

 

綿は、やわらかすぎず硬すぎない

適度な弾力や硬さがあるので

寝返りも打ちやすく、寝姿勢も良くなります。

 

綿布団のデメリットは、

メリットである吸湿性を保つには、

こまめに布団を天日干しすることが

必要なことです。

 

3日に1度は、天日干しをすることが望ましいので

お手入れに手間がかかってしまうのです。

 

天日干しにできない時は、

布団乾燥機を使うこともできます。

 

天日干しや乾燥をおこたると

綿がどんどん湿気を吸って重くなり、

ジトッとした肌触りになってしまいます。

 

 

綿布団はどのように作られているのかがポイント

 

綿布団を購入する時は、

綺麗に縫製されているので

中身の綿を見ることができません。

 

品質表示で中わたの組成を確認すること、

見本袋の中綿を確認することが大切です。

 

目安としては、

全日本寝具寝装品協会が発行している

GF(グッドふとん)マーク」がついているか

どうかを確認してください。

 

GFマークは厳しい品質基準を満たしている商品にだけ

つけることが許されているマークだからです。

 

 

人気のおすすめ綿布団ランキング10位

  1. 匠の技 手作り木綿掛布団 風化 ピンク

    寝具一級技能士による手作りの布団です。 ご注文をいただいてから1枚、1枚丁寧に仕上げています 詰め物には、繊維が太く丈夫で吸水性・通気性に優れたインド綿70%と、繊維が柔らかく細長い、吸湿性・弾力性・耐久性に優れたメキシコ綿を30%使用しています 安心の日本製です ※オーダーを頂いてから、3週間後の発送になります。 側生地:綿100%(サテン織り) 中綿:メキシコ綿100% 中綿重量3.2Kg サイズ・・・155×200cm 日本製

    Amazonで詳細をみる

  2. スーピマ綿使用 手作り 最高級綿ふとん 和敷布団 シングルサイズ* (グリーン6319S)

    【日本製】 最高級綿わたスーピマ綿使用手作り高級綿ふとん敷布団 スーピマ綿は、幾多の品種改良を重ねた綿で、繊維長の長さだけではなく、天然撚りが多く、均斉度に優れ、繊維強度の高い、高品位の超長綿です。天然撚りはふっくらとしてかさ高性に大変優れています。 高品質超長綿であるスーピマ綿は、ソフトな風合いを持ち、優れたフィット性、そして強くてしなやかで耐久性にも秀でています。 保温性・吸湿性にも優れ、カサ高でへたりにくく、まさに太陽が育てたコットンの王様です。 綿ならではのコシと吸湿性に優れ、干すとふっくらと弾力を回復します。 また繊維が長いと切れにくいため、耐久性もあり、ホコリが出にくいのも特徴です。 日本国内の工場で一枚一枚丁寧に加工した、信頼の日本製の布団です。

    Amazonで詳細をみる

  3. 匠の技 手作り木綿敷布団 風化 グリーン

    寝具一級技能士による手作りの布団です。 ご注文をいただいてから1枚、1枚丁寧に仕上げています 詰め物には、繊維が太く丈夫で吸水性・通気性に優れたインド綿70%と、繊維が柔らかく細長い、吸湿性・弾力性・耐久性に優れたメキシコ綿を30%使用しています 安心の日本製です ※オーダーを頂いてから、3週間後の発送になります。 側生地:綿100%(サテン織り) 中綿:インド綿70%メキシコ綿30% 中綿重量6.0Kg サイズ:103×200cm 日本製

    Amazonで詳細をみる

  4. 匠・ふとん職人の技が生きる高級綿布団 【Aランク・敷きふとん】高級手摘みインド綿使用 【色柄】4種から選べる 国家資格を持った寝具製作一級技能士 がつくる高級布団 がく(縁取り有り) シビラフローレス・グリーン系

    ●高級綿敷きふとん●サイズ:シングル ●色柄:4種 ●Aランク綿(アッサム JAIN)6kg入り●製造:日本製(すやすや工場)

    Amazonで詳細をみる

  5. 天然素材 綿わた100% 敷きふとん 増量タイプ ダブルロングサイズ 【敷 布団】【綿布団 敷】 ブルー系

    綿わた 敷きふとん 増量タイプ マットレスなしでお使い頂けます。 ■サイズ 140×210cm(ダブルロングサイズ) ■側生地 綿 100% サテン生地 ■詰め物 綿わた 100% ★増量タイプの中綿量 8.4kg マットレスなしでも使用できる中わた量が入ります。重いので上げおろしが少し大変。 ■柄 店長におまかせ ピンク系orブルー系をお選び下さい。 ■製造 当店

    Amazonで詳細をみる

  6. 職人手作り◇和式掛ふとん◆綿混わた入り■シングル 和布団 【ブルー色】

    ●側サイズ/約150×200cm【シングルサイズ】  ※側サイズ表示です。 ●詰め物/米綿90% ポリエステル10%  ●詰め物重量/約3kg ●側地/綿サテン〈綿100%) ※発送について/北海道・沖縄・離島は別途送料いただきます。

    Amazonで詳細をみる

  7. 【日本製】 高級綿わた メキシコ綿使用 手作り 高級綿ふとん 和敷布団 シングルサイズ* (ブルー)

    サイズ 100×210cm(シングルロング)※作りたて時はボリュームがあるので、ふんわりと膨らみ、仕上がりの実寸を計測すると、上記サイズよりも若干小さめに仕上がっています。 生地 綿100%サテン生地(打ち込み本数=210本)綿布団の特性を活かすために、綿付きのよい綿100%サテン生地を使用しています。 中綿 綿100%(メキシコ綿) 中綿量 5.0kg 備考 ・日本製 お布団を清潔に保ち、長持ちさせるためにも、布団カバーのご使用をお勧めします。 綿わたは吸湿性に優れていることが最大の特徴ですが、その湿気を自然に発散させることは出来ません。湿気を多く含んだままにしておくと、ふとんが重たく冷たく感じますし、へたりも早くなります。天気の良い日にこまめに日に干し、日光の熱を吸収させ、中にたまった湿気を発散させ、しっかりと乾燥させることが大切です

    Amazonで詳細をみる

  8. 和布団 手作り 綿わた敷き布団 日本製 和とじ (ブルー)

    品名:手作り 綿わた敷きふとん カラー:ピンク/ブルー 素材:側生地/綿100% 中綿/綿70% ポリエステル30% 3.8kg ウレタンシート入り 側サイズ:105cm×200cm ※製品サイズは一回り小さくなります。 105cm×200cmまたは105cm×205cmのカバーが適合します。 ※国内メーカー ※日本製

    Amazonで詳細をみる

  9. 和布団 手作り 綿わた布団掛け敷きセット 和とじ (ブルー)

    掛けふとん…素材:側生地/綿100% 中綿/綿60% ポリエステル40% 3.2kg 側サイズ:155cm×200cm ※製品サイズは一回り小さくなります。 150cm×200cmのカバーが適合します。 敷きふとん…素材:側生地/綿100% 中綿/綿70% ポリエステル30% 3.8㎏ ウレタンシート入り 側サイズ:105cm×200cm ※製品サイズは一回り小さくなります。 105cm×200cmまたは105cm×205cmのカバーが適合します。 カラー:ピンク/ブルー ※国内メーカー ※日本製

    Amazonで詳細をみる

  10. 【日本製】シングル おまかせ柄込み 綿サテン生地使用 混綿入り 綿わた 敷き布団 ピンク

    側生地:綿 100% サテン生地使用 中綿:綿 70% ポリエステル 30% 中綿重量:4.5kg 側サイズ:100x200cm 製品サイズ 90x190cm +/-3%  カバーサイズ 105x200cm 日本製

    Amazonで詳細をみる

 

 

綿布団のメンテナンス方法

綿布団 干し方 人気 おすすめ ランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

綿布団はメンテナンスをしっかりと行うことが

長く使うための秘訣です。

 

 

綿布団の干し方

 

綿布団は、吸湿性にとても優れています。

 

その吸湿性を保つためには、

3日に1度は天日干しが必要です。

 

物干し竿や布団干しを使いしっかり日光にあて、

風通しもよくしましょう。

 

天日干しが出来ないときは、

布団乾燥機を使っても良いです。

 

天日干しや布団乾燥機で

しっかりメンテナンスをすることで水分をよく吸って、

表面がサラサラの布団を

毎日使うことができるようになります。

 

 

綿布団の打ち直し

 

綿布団は、打ち直しをすることで

新品のようなフカフカの布団に復活します。

 

綿布団の打ち直しは、

使っているうちに硬くなってしまった綿を

機械や手作業でほぐすのです。

 

綿を機械や手作業でほぐすと

嵩が復活するのです。

 

綿布団の打ち直しの目安は、

掛け布団が45年、

敷布団が3年~4年です。

 

定期的に打ち直すことで約15年は使用することが

できるようになるのです。

 

布団が重くて扱いづらい時は、

打ち直しの時にポリエステル綿などを

少し加えることで軽くなり、

へたりにくくすることもできます。

 

 

まとめ

 

日本の伝統的な布団である綿布団は、

湿気の多い日本の気候に適した布団です。

 

吸湿性や保温性に優れており、

適度な弾力や硬さがあるので

寝姿勢も良くなります。

 

腰痛の人が綿布団に変えたら

良くなったという話もあるほどです。

 

吸湿性を保つためには、

天日干しや布団乾燥機を使って

こまめなお手入れが必要です。

 

綿布団は、定期的に打ち直しをすることで

長い期間使うことができるエコな布団なのです。

\ SNSでシェアしよう! /

布団ラボ|寝具やインテリアに関する情報メディアの注目記事を受け取ろう

綿布団 おすすめ ランキング 人気

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

布団ラボ|寝具やインテリアに関する情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

布団ラボ

布団ラボ

睡眠不足や睡眠障害などを抱えて眠れない夜を何度も過ごしてきました。
それ以降、睡眠を深く広く学び、「睡眠改善インストラクター」「睡眠健康指導士」の資格を取得しながら自身の睡眠の質の改善に努めてきた結果、大幅に睡眠の質を改善。
その経験を生かし「快眠コーディネーター」としてより上質な眠りを一人一人に提案、お手伝いをしています。
睡眠について、私は誰よりもあなたと向き合います。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 真夏の睡眠

  • 梅雨時期の睡眠

  • 寝つきが悪いひとの12の対策方法

  • 五月病と睡眠

関連記事

  • 布団のプロがおすすめするタオルケットと人気のタオルケットランキング

  • 布団のプロがおすすめする赤ちゃん用布団の選び方と人気の赤ちゃん用布団ランキング

  • 座布団のプロがおすすめする座布団の選び方と人気の座布団ランキング

  • 寝具のプロがおすすめするベッドパッドの選び方と人気のベッドパッドランキング

  • 布団のプロがおすすめする敷布団の選び方と人気の敷布団ランキング

  • 枕のプロがおすすめするストレートネックピローの選び方と人気のストレートネックピローランキング